2008年01月07日

新春の有馬温泉『古泉閣』へ

我が家の一泊旅行は大好きな有馬温泉が定番!
関西の奥座敷といわれる有馬は近くて一泊でも、の〜んびり♪気分

新年は 古泉閣 へ

ここは、有馬でも数少ない元湯の旅館なので金泉は、いつも安定した
濃さが嬉しい限りなのよ。


さすがにお風呂にカメラは持っていけないので上記HPにて
イメージをどうぞ〜



んじゃ部屋食のお夕食をば・・・


お正月ってことで器もおめでたいものがいっぱい

鶴香合、寿丸香合、緑交趾三蓋松、矢羽板などなどの
まずは祝肴です。

200801061656000.jpg

カラスミ、鯛の子
福焼霜あん肝散し、梅豆腐、黒豆千里酢 など


もうちょっとアップしてみましょ

200801061658000.jpg


松風蟹真丈、梅麩、タラの芽味噌漬、細魚小袖寿司、
鈴子みぞれ合へ、お多福豆、海老キャビア射込、色紙数の子


もうね〜これだけで目にも鮮やか、呑みながら白ごはん食べるのが
得意な私はおひつのごはんがすすむくん状態(笑)


椀もの
清汁仕立の花弁餅!

200801061659000.jpg

実物はもっときれいな淡いピンク色で金箔入りで上品でしたわ〜


お造り
その日の近海物と兵庫野菜盛合せ 柚子ドレッシング  ってことで

200801061704000.jpg

これが写真じゃわかりづらいけどすごい量なのよ〜
みんなで取り分けるのかいな?って思えば1人分の量でした

この日は鯛と海老ってことでサラダ風。ドレッシングが合う合う!


焼物
鴨味噌柚庵焼がメイン。アワビ茸に葱

200801061705000.jpg

すまんのう〜牛肉焼いちゃったもんでw
葱の下にメインの鴨肉焼いてます。うま〜〜!
これでまたもやごはんが進み、

おひつからっぽや〜ん!
おひつごとおかわりを・・・


さてお次いってみよー!!!



合肴
鯛の煮付け

200801061707000.jpg

さっすが上手に煮付けてあります。
黙々と?!たっぷりの鯛を堪能



かーなーり充実感ありです。


まだあるよ



温物

百合根饅頭 干飯揚

200801061708000.jpg

あん仕立てのお出しをかけてるとこです
この入れ物が蓋になってる素敵な器

............ (; ゜゜) コッソリ  
仲居さん曰く、「蓋にお出しが入っております」とおっしゃったのに
どっかの部屋のおっさんが早速だし汁をぶちまけたそうな(笑)

ちなみにたこ焼きちゃいまっせ〜!とっても正月らしい色の美味なる
百合根饅頭でございます



蓋物
穴子金つば煮

200801061710000.jpg

小芋、小巻麩、あっさり関西的な煮物でした。


止椀
福紗仕立
この中に、人参、大根、セリ、蓬麩、柚子が隠れてます

白御飯と香の物


200801061711000.jpg

ま、この時点で相当な白御飯食べてるんですが、もっぺん
よそってみてまた食べちゃったよ



もう満腹ですわ〜


デザートで〆
フレッシュフルーツということで

200801061712000.jpg





大変おいしゅうございました。
大満足でごじゃるよ〜

夕食、朝食ともにお部屋食なのでほんと幸せ〜!


おかげさまで一日目にお風呂3回
翌朝2回、合計5回も金泉を楽しめました。

せっかくの自家泉源の宿ですから、現代的な天井の高い展望風呂の
『八角堂』と、昔のままのつくりの『岩風呂』を納得いくまで
堪能しました。


そんなこんなでこれぞ初湯ですね。
posted by まおママ at 12:36| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。